中央演算処理装置

Central processing unit

Abstract

(57)【要約】 【課題】 演算処理の高速化を図り、回路規模の増大化 を防止する。 【解決手段】 CPU20ではパイプライン処理によっ て命令処理(第1命令処理、第2命令処理)が行われ る。第1命令処理では、演算器23aが第1バス27か ら与えられるデータを用いて演算処理を行う。この演算 処理後の第1命令処理を行った演算器23aからの演算 結果データを、第2バス29を介して、制御部35に指 定されたレジスタ群21のレジスタR2に格納すると共 に、第2命令処理を行う演算器24aが、前記格納途中 の演算結果データを演算対象として読出して取込むとき がある。このときに、前記セレクタ30は、前記演算結 果データを第2バス29から第1バス27に出力する。 即ち前記演算結果データは、1つのセレクタ30によっ て、全ての演算器23a,23bがデータを取込むこと のできる第1バス27に出力することとなる。
PROBLEM TO BE SOLVED: To increase the arithmetic processing speed and to prevent the increase of the circuit scale. SOLUTION: A CPU 20 performs the 1st and 2nd instruction processes via a pipeline process. In the 1st instruction process, a computing element 23a performs an arithmetic process by means of the data given from a 1st bus 27. Then the arithmetic result data obtained from the element 23a are stored in a resister R2 of a register group 21 designated by a control part 35 via a 2nd bus 29. At the same time, a computing element 24a which performs the 2nd instruction process sometimes reads and fetches the arithmetic result data under storage as a computing subject. Under such conditions, a selector 30 outputs the arithmetic result data to the bus 27 from the bus 29. In other words, the arithmetic result data can be outputted to the bus 27 where both elements 23a and 24a can fetch the data by a single selector 30. COPYRIGHT: (C)1998,JPO

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle